本文へ進みます

【体験学習】ボートで観察!東京港の海洋学(東京都)

いざ海へ!図鑑にはない面白さが待っています。

いざ海へ!図鑑にはない面白さが待っています。

ボートはマリンレジャーのツールというだけでなく、「海」が身近になるツールでもあります。
「海に棲む生き物たち」や「潮の満ち引き」等々、都会の海も観察がしやすい環境です。
海洋学を、実際の海でボートを使って学んでみましょう!

【海洋学の例】
  1. ① 海洋生物学:プランクトンや魚類などの生き物を対象
  2. ② 海洋物理学:海流や潮汐などを対象
  3. ③ 海洋化学:海水の性質や分布などを対象
  4. ④ 海洋地質学:海洋底などの地質を対象

※時期によって見られる事象が異なりますので、事前にお問い合わせください。

海遊びプラン概要

時期 通年
使用艇 FR-23 ActiveSedan、FR-20LS、AS-21
備考 海洋学にはいくつか種類がありますので、時期や潮回りに合わせて観察分野の対象を変えてみることも面白いです。出航日が決まったら、マリーナスタッフまでご相談ください。出航日にオススメの観察対象をご提案します。または、観察してみたい内容が決まっていたら、観察しやすい時期や時間帯をご紹介します。毎日、東京の海を見ているマリーナスタッフが、年間を通して「その時期の海」における特徴や面白さをご説明します。

※このプランは、マリーナがご提案する遊び方の一例です。実際にプランを楽しむ際は、ホームマリーナから注意事項等の説明を必ず受けて、安全にお楽しみ下さい。

価格の表示がある場合、最新価格はマリーナにお問い合わせください。

ページ
先頭へ