本文へ進みます

クラブ艇の保険について

クラブ艇は全艇保険に加入しています。

安心してご利用いただくために、シースタイルのクラブ艇は全艇保険に加入しています。

保険条件

シースタイルクラブ艇には以下の保険が付帯しています。

船体保険

■免責金額
 
・ボート:1事故10万円
 
・ウェーブランナー:1事故5万円

沈没、衝突、座礁、火災、盗難などの偶発的な事故によって船体に生じた損害に対して保険が支払われます。エンジン焼付きは対象外となります。
艇の修理が必要な場合にはボートの場合の免責金額は10万円ですので、10万円以下の修理代の場合には実費を、10万円以上の修理の場合には、10万円をご負担いただく事になります。安全には充分ご注意をお願い致します。
ただし、明らかな操作上の過失が認められた場合には適用されない場合があります。
ホームマリーナによるレスキュー費用は保険には含まれません。

賠償責任保険

■支払限度額:1億円
■免責金額
 
・ボート:なし
 
・ウェーブランナー:1事故5万円

ヨット・モーターボートの所有・使用・管理に起因して船外の他人を死傷させたり、他人の財物を破損したりしたために負担する「法律上の賠償責任」によって被る損害に対して保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険

■1名1,000万円(1事故 1名保険金額×定員数)
 ウェーブランナー 1名 1,000万円/シースタイルライト艇 1名 3,000万円

搭乗中、偶発的な事故により、搭乗者が死傷した場合に保険金が支払われます。

捜索救助費用保険

■保険金額100万円(ウェーブランナー50万円)

搭乗している方が遭難し、その捜索・救助の為に費用がかかった場合に保険金が支払われます。

トーイングスポーツ傷害見舞金制度について

ウェイクボード、バナナボートなどのトーイングスポーツをされる方のケガについては、クラブ艇の保険では補償されません。
そのため、クラブとしては別途下記「トーイングスポーツ傷害見舞金制度」をご用意しておりますが、その額も死亡等の場合で100万円までと、あくまで見舞金としてお支払いするものです。これ以上の補償をご希望の方は、別途「国内旅行傷害保険」にご加入することをお勧めいたします。

トーイングスポーツ傷害見舞金制度

(1) 制度の概要
トーイングスポーツ(ウェイクボード、水上スキー、バナナボート)中の方が偶然な事故でケガをされ、死亡したり、後遺障害を被ったり、入通院されたりした場合、お見舞い金をお支払いします。
(2) 見舞金額
ケガの状況により異なります。【最大100万円】
※自覚症状のみの場合や、傷害発生状況、被保険者との関係などにより、傷害見舞費用保険金のお支払いができない場合もあります。

※操船者とトーイングをする人が生計を共にする親族の場合は適用外となります。

注意事項

故意、酒酔操縦、法令違反の場合には保険は支払われませんので、充分にご注意ください。
トーイングスポーツ・船外活動を行う場合は、国内旅行傷害保険への加入をお薦めします。
該当する免許を保有する会員様以外の操縦はできません。また、会員資格を有しない者にボート等を操縦させたり、運営会社が指定し加盟マリーナにて実施する講習(「ホームマリーナガイダンス」及びホームマリーナが義務付けている「安全レクチャー」等)を受講せずに操縦したことにより、運営会社、加盟マリーナまたはその他の第三者に対して損害を与えた場合には、保険の適用対象外となります。
免責額その他の保険金により填補されない損害については、会員の負担とします。

シースタイル利用での事故の多い例

1.桟橋や岸壁への接触事故
2.暗岩や浅瀬への乗り上げ
3.他船への接触
4.搭乗者の怪我

事故はホームマリーナでの確認と見張りやGPS、魚探を使うことで未然に防げることが多くあります。
操船は慌てず焦らずに行いましょう。

シースタイルを安全にご利用いただくために、必ずお読みください

ページ
先頭へ