本文へ進みます

マリンジェットライディングスクール

マリンジェットをご利用するには、マリンジェットライディングスクールの受講が必要です。

MENU

マリンジェットを利用する場合には、まず座学と実技からなるマリンジェットライディングスクールの受講が必要です。

マリンジェットレンタル対応のホームマリーナであればスクールを開催しているので、電話にて内容と日程の確認を行いましょう。

7月~8月のライディングスクールは非常に込み合い、ご希望日に受講できない場合がございます。早めの受講をお勧めいたします。

スクール概要

料金 無料
※「ライディングスクール受講券」を必ずお持ちください。(発行から1年間有効)
開催日 各マリーナの指定日
お申込み方法 受講希望マリーナへ直接電話にてお申込みください。

「琵琶湖」でマリンジェットをご利用の場合

琵琶湖水上オートバイ安全講習

「琵琶湖」でマリンジェットをご利用する場合、予め滋賀県警察主催の「琵琶湖水上オートバイ安全講習」を受講頂き、「琵琶湖水上オートバイ安全講習修了証(有効期限5年)」が必要となります(未受講の方は予約が出来ません)。 詳細は、琵琶湖のマリンジェットレンタル実施マリーナ、もしくは「滋賀県水上安全協会」へお問合せ下さい。

滋賀県水上安全協会

TEL:077-521-5726
URL:http://www.geocities.jp/suijyouanzen/

スクール受講の流れ

01

受付&申請

受付とマリンジェットスクールの申請を行います。

02

座学

基礎知識

基礎知識の確認から、操船時の禁止事項、海上でのマナーを学びます。

操船知識

ライディングやウェイクなどのトーイング時の注意点などの操船方法を学びます。

ゲレンデの確認

マリーナごとに航行区域などローカルルールが設定されていますので、確認しましょう。

03

艇体構造の確認

ここからはマリンジェット本体を見ながら、それぞれの機能を確認します。
バッテリーの据え付け、ビルジのチェックなどエンジンルームのチェックポイントも確認します。

04

操船練習・ショートクルーズ

マリンジェットに搭乗します。(エントリーの方法は各マリーナで異なります)ジェットをゆっくりと走らせて、スロットル、ハンドルの感触を確認します。

操船練習

8の字やスラロームでマリンジェットの操船方法を学びます。アクセルワークと体重移動でマシンとの一体感を掴みます。

ショートクルーズ

操船に慣れたらマリーナ毎のレンタルエリアを確認するためのショートクルーズを行います。磯場や暗岩などの注意ポイントやボート等の通行確認など、ゲレンデに合わせてレクチャーがあります。

05

洗艇確認

海上でのレクチャーが終わると、最後に水洗による艇体チェックを行います。外観水洗、エンジンルーム内の清掃、冷却水経路の洗浄など、帰港後に行う水洗時のポイントを学びます。

06

終了

終了後にはマリンジェットホームマリーナで利用する際のスクール修了証が手渡されます。

シースタイル会員証と、特殊小型免許をお持ちの方は、午前中にライディングスクールを受講し、午後にマリンジェットのレンタルも可能です!!

参加者・インストラクターの声

参加者:鹿島さん

マリンジェットはやみつきになりそうです

シースタイルでは家族でクルージングを楽しんでいましたが、免許を取ったこともあって、今回マリンジェットに挑戦しました。ボートとは全然違う乗り物で、走っているだけで本当に楽しいですね。始める前は試しにと思っていたのですが、実際に乗ってはまってしまったという感じです。次は子ども達を後ろに乗せて走らせてみたい。喜ぶ顔が今から楽しみです。
参加者:関さん

このスクールはとても役に立ちますね

今年の7月に免許を取得してマリンジェットを買うか借りるか悩んでいたのですが、とりあえず体験と思って、今日スクールを受講しました。免許の講習とは全然違って、乗るための講習なので楽しめましたし、わかりやすかったので、身にもつくと思います。次からは安心して乗れると思うので、トーイングなど手軽な遊びにチャレンジしてみたいですね。
インストラクター:山田さん [ JET.SHOP ROYAKOH MJ/Line ]

楽しくても、安全第一です。

マリンジェットスクールでは、基本的な乗り方から、主に海上に出て必要な知識を座学で重点的にレクチャーします。マリンジェットは楽しい乗り物ですから、スクールも楽しくがモットーです。ただ楽しむためには、まわりの人も楽しめるようなルールやマナーを持ち合わせていないと長くは続けられません。その長続きのコツもスクールでは教えていますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。
ページ
先頭へ