本文へ進みます

Vol.26 高知県・土佐湾

全国のマリーナでボートをレンタルして釣行脚。今回は高知県・土佐湾のニロギ・ネイリ・オオモンハタほかをご紹介。

この記事はヤマハマリンクラブ・シースタイルのレンタルボートでの釣行です。

今回のフィールドは、黒潮薫る太平洋に面した土佐湾だ。ビギナーからベテランまで釣りごたえたっぷりの、スケールの大きな土佐湾の魅力を特盛りでお届けします。ボート倶楽部2009年12月号 [ 文:齋藤海仁 / イラスト:名取幸美 ]

2010年は土佐ブーム!

「歴女」なんて言葉もあるように、最近は歴史モノが若い女の子に人気だそうで。大河ドラマの「天地人」でも、妻夫木 聡をはじめ、イケメンを並べたのはあきらかに女性人気をあてこんでのことだろう。そういえば、この号が出るころにはいよいよラストスパートですね、「天地人」(隊長は一度も見たことないけれど)。
でも、来年の大河ドラマはもっとずっと強力だ。なんてったって、福山雅治の坂本龍馬だもの。ただでさえ人気が高い坂本龍馬に、"イケメンの帝王"福山雅治の組み合わせ。欲張りっていうか、反則スレスレっていうか......。まるでタイラバーのハリにアオイソメをチョン掛けするようなもの!?(違うか) いずれにしろ、人気が出るのは間違いなさそうだ。来るよ、土佐ブーム。2010年は。
というわけで、流行を先取りすべく、我々釣査隊も土佐湾にねらいを定めたのであった。
なんて話は真っ赤なウソで、高知に来たホントの理由はほかにある。
まいど「北は北海道から南は沖縄まで~」と始まる釣査隊。だけど、四国だけはなぜか来たことがなかったんだよね。でもって、今年の4月に高知市の太平洋マリンが新たにマリーナを始めて、そのブログに注目していたら、釣果はネイリ(ショゴ)、マダイ、カツオ、万力(シイラ)、アオリイカ等々魅力的なことこの上なし。ほかではそうでもないニロギ(ヒイラギ)が大人気なんてところも興味深い。そんなターゲットと釣り文化に引かれ、高知にやって来たってわけ。

目の前は黒潮踊る太平洋

高知市は川と海の街だ。鏡川が市内の真ん中を流れ、その河口に浦戸湾があり、市の中心部から河口部までは数マイル。その途中にある太平洋マリンはアクセス良好で、高知ICから車で10分ちょっとで到着した。
浦戸湾の外に出れば、太平洋がどおーんと広がっている。名前こそ土佐"湾"だが、実質的には外洋そのもの。黒潮の影響も強いしなあ。こんなに簡単に外海に出られる県庁所在地はほかにないんじゃないかな。海の向こうはオーストラリアかアメリカか。さすが龍馬を生んだ土佐である。
ということで、隊長を乗せたクラブ艇のAS-21EXはもう太平洋に浮かんでいた。なにしろ今回はエリアが広く、ターゲットも盛りだくさん。2日間の予定とはいえ、もたもたしていると時間も誌面も足りなくなっちゃいそうなのだ。
ガイド役を買って出てくれたのは、ハーバーマスターの西沢史生さんである。ただし、マリーナを始めてまだ間がなく、周辺の魚の釣り方にはあまり詳しくないとのこと。で、おもなポイントとクルージングスポットだけをざっと案内していただくことになっていた。
そこで隊長がチョイスした釣法がルアーである。広いエリアを効率よくカバーするには、手返しの早いルアーが便利。青ものとマダイ、アオリだからターゲットもばっちり。ニロギもサビキ釣りなので似たようなもの。地元の人は基本的にエサ釣りが多いらしいけど、ブログを見ていたときから実はルアーがおもしろそうだと思っていたのだよ。ムフフフフ。

困ったときの流木頼み

土佐湾の海底地形は全体的に変化が少なく、点在する単独根や魚礁がおもなポイントになる。気まぐれな黒潮の影響も強く、どこが釣れるかはそのときになってみなければわからないという。したがって、2日間の釣査のうち、初日はエリア全体を回りつつ、ボートで立ち寄れる食堂でお昼を食べるプランを立てた。ま、様子見を兼ねたクルージングってとこだ。そして、ポイントを絞り込んだ翌日はがっつり釣りをする作戦である。
最初に向かった場所はエリア東端の手結沖だった。
ネイリをねらい、プロッターに登録されている水深20~40メートルの魚礁でジギングをするもノーヒット。アンカリングでエサ釣りをしているボートも軒並み苦戦中の模様。唯一、ネイリの姿を見たのは、遊漁船がヒットさせたときだけだった。それも一度きり。
ずっと魚探を見ていても、反応はイマイチである。なによりベイトフィッシュが薄いのがイタい。これは雲行きが怪しいゾ、と思い始めたそのとき、沖に流木を発見した。

ひょっとしてシイラがいるかも、と駆けつけてジグミノーをキャスト。すると一発でヒットした。サイズはペンペンだが、万力の名のとおり、ヒキは相変わらず強烈。しかも、エギングタックルだったのでたっぷり楽しめる。やっぱり魚の顔を見ると安心するわ。土佐湾では昔から漁の対象魚だしね、万力は。
表層で小さなネイリの姿も確認したものの、流木で釣れたのはシイラだけだった。手結沖の魚礁もおもわしくないので、次は桂浜沖、宇佐沖と魚礁をチェックしながら西に移動することにした。

ニロギのヌメリは取らんきに

土佐湾の等深線は海岸線とほぼ並行で、沖に行くほど深くなる。よくいえば素直。悪く言えば単調?だから、単独根や魚礁がメインのポイントになるわけだが、結局、桂浜から宇佐沖まで1尾もヒットしなかった。
う~む。いくら2日間とはいえ、これはマズイ。魚礁めぐりは偶然に左右されすぎるし、もうちょっと地形が変化していて確実に釣れそうなところはないのかな?と西沢さんに聞いたら、浦ノ内湾の沖側に延びる横浪半島の沖が岩場だというので行ってみた。というか、残されたポイントはここくらいしかないみたい。
横浪半島沖はたしかに岩場で、見た感じ、いかにもアオリイカが釣れそうだ。"困ったときのアオリ頼み"で、水深10~15メートルでボートを流しながらエギングをするとすぐに乗ってきた。続いて西沢さんにも1パイ。やれやれ。

時間はもうお昼をとっくに過ぎていたから、アオリの顔を見たところで浦ノ内湾に入り、海賊料理の「浮橋」でランチタイムに。おいしかったのはいいけれど、時間がかかってしまったので、残り時間で浦戸湾に戻ってニロギを釣った。

玉島の南側でサビキのハリにジャリメを付けてイトを垂らすと入れ食いになる。このニロギ、高知ではカツオもしのぐ人気の魚で、刺身はもちろん、丸干し、煮付け、お吸い物などで食べるとおいしいという。注意点は絶対に体表のヌメリを取らないこと。このヌメリがうまさのもとらしい。マジで!?と思わなくもないけれど、隊長は旅先で試せなかったのが残念。今度地元で試してみよう。
帰港時間になるまでニロギはよく釣れた。翌日、ネイリとマダイもこのぐらい釣れるといいんだけどなあ。

起死回生のモンスターイギス

翌2日目。まずはネイリをゲットすべく、もっとも釣れそうだった手結沖に直行した。
浦戸湾を出てから手結沖までは20分ほど。その間、魚探を見ていて驚いた。前日とは打って変わって反応がいい。状況は明らかに好転している。
目星をつけておいた水深35~40メートルの魚礁に到着すると、ベイトフィッシュがごっそり。これは期待できそうだゾ。
ジグを海底まで落とし、ワンピッチジャークを繰り返して4、5投目だった。ボトムから数回巻いたところでヒット。青もの特有のファーストランと元気なアジ科のヒキからしてネイリと確信。はたして、上がってきたのは30センチクラスのネイリだった。ほっ。

このあとすぐにもう1尾釣ったところで、ポイントを変えずにタイラバーにシフトした。もちろんマダイねらいである。
いやあ、いいときは簡単なんだよねぇ。釣りなんてさ。
タイラバーに替えた途端に、今度はなにやら良型の魚が食ってきた。マダイにしてはスピード感がないんだけど、根魚にしてはしぶとく引く。そして重い。ゼッタイに顔を拝みたいと思ったから、慎重に巻き上げて、海面に浮いた姿を見て二度びっくり。
まずはでっぷりと太った50センチオーバーのオオモンハタだったこと。一生に一度釣れるかどうかの記録級だよ、こりゃ。そして、二度目はその口から15センチくらいの半ば消化されたカサゴが顔を出していたことだ。
だが、サプライズは二度じゃすまなかった。
このあとに同じクラスのオオモンハタをなんともう1尾追加。さらに「今までタイラバーで魚が釣れるなんて信じられなかった」西沢さんが、隊長の釣果を見てタイラバーに挑戦し、2キロオーバーのマダイをキャッチしたのである。
聞けば、土佐湾ではまだタイラバーは一般的じゃないそうだ。
どんだけウブなんだよ。土佐湾。

その後もいろんな魚がヒットしたけど、雨が激しくなってきたところで釣査は終了した。釣果も十分だったしね。よしよし。
海は広いというけれど、そのスケールを手軽に満喫できると思えば、ニロギをはじめ、内海の釣りもしっかり楽しめる土佐湾は、ビギナーからベテランまで、釣り応えたっぷりの海でした。特にハタはすぐスレるから、タイラバーやるなら早めがおすすめですよ。

隊長:齋藤海仁(かいじん)

【隊長:齋藤海仁(かいじん)】

坂本龍馬の銅像が立つ桂浜公園でポーズを決める福山雅治。じゃなかった、隊長(書いてて悲しくなるな......)。腰に差したるはもちろん釣り人の魂の釣りザオです。

今回のロコ・アングラー

【今回のロコ・アングラー】

西沢史生(にしざわ・ふみお)さん
太平洋マリンの頼れるハーバーマスター。マリーナはオープンしたてのため、近場の釣りはこれから本格的に開拓するとのこと。実はバハマでボーンフィッシュを釣ったり、勝浦ビルフィッシュトーナメントで優勝したりするツワモノなのだ。

釣果カレンダー

釣魚カレンダー

土佐湾に生息する魚の種類はおよそ1,500種と日本最多を誇る。地形は全体に単調で、沖に行くほど素直に深くなる。そのため、磯際のアオリイカ、沖の浮遊物周りのシイラ、砂地のシロギス、湾内のニロギを除く魚のポイントはすべて魚礁か沖根で、あとは魚種によって水深が変わる程度。その意味では、ポイントを絞りやすい。ルアーならラン&ガンスタイルも有効だ。なお、魚礁は水深20~70メートルの間に多い。

土佐湾のフィールドマップ

土佐湾のフィールドマップ

土佐湾は南に開けているものの、北西風が強くなる冬の間は荒れやすい。また、ウネリの影響を受けやすく、台風にも弱い。浦戸湾の出口は急カーブになっており、往来する船の進行方向がわかりにくいので、他船の動きをよく見よう。浦ノ内湾には危険な浅瀬が多く、かならずマリーナで注意事項をしっかり聞いてから行くこと。桂浜の沖にも浅瀬や干出岩がある。

太平洋マリン

1964年創業と、高知県でいちばんの歴史を誇る老舗が今年からマリーナの運営をスタート。高知ICから車で10分強とアクセスがよく、釣り場にも近くてとっても便利。保管艇のオーナーはほとんどが釣り人で、ポイントの状況はもちろん、釣りの情報も充実している。

■交通アクセス
車利用:高知自動車道高知ICから車で10分強

■問い合わせ先
〒781-8125 高知市五台山字タナスカ4984
定休日:無休(年末・年始・お盆は除く)
営業時間:午前9時~午後6時
TEL:0120-51-7811
http://www.taiheiyomarine.com/

今回使用したタックル

メインタックルはジギングとタイラバー用の2セット。ジギングのターゲットはネイリかマダイで、水深は70メートル以内。ジグの重さは100グラム以内だが、40~0グラムが中心なので、基本的にはライトクラスで十分。マダイの可能性もあったため、今回はベイトタックルを用意した。一方、タイラバーは60~80グラムが中心で、オールマイティーなライトゲームロッドが活躍した。

ページ
先頭へ