本文へ進みます

Sea-Style G Club Meeting @横浜

2016年4月17日 みなとみらいBUKATSUDOで開催された「第11回クラブミーティング」をレポートします。

2016年4月17日会場:みなとみらいBUKATSUDO

2016年4月17日(日)Sea-Style G第3回目の女子会を「横浜 みなとみらいBUKATSUDO」にて開催しました。

関東エリア在住の11組12名の方々にお集りいただき、シースタイル活動、最近のマリンライフ、これからやってみたいことなどの情報交換を行いました。女子会ならではのアットホームな雰囲気で楽しいひとときを過ごしました。

ミーティングスケジュール

1.
自己紹介ゲーム
2.
Sea-Style G活動紹介
3.
講師紹介
4.
3グループに分かれて、魚のさばき方、葉山マリーナ紹介、ダイビング講座をローテーションで受講
5.
自己紹介ゲーム結果発表と表彰
自己紹介ゲームでは多くの人と名刺交換して一番印象に残った人を投票、1位~3位の方に記念品贈呈
シースタイルの情報や講師の説明に真剣な眼差しで聞き入っていた参加者

Sea-Style G活動紹介の後に、「春だから新しいことをはじめよう」というテーマで、3つの特別講座を設けました。3グループに分かれ「魚のさばき方講座」「葉山マリーナ講座」「ダイビング講座」全ての講座を受講していただきました。

魚さばき講座の講師
グローブライド(株)/DAIWA小堀友理華さん
ダイビング講師
(株)水中造形センター/マリンダイビング小山由香さん

葉山マリーナ講座の講師
(株)葉山マリーナー高木祐二さん

参加者はシースタイル活動、ダイビング、フィッシング、葉山マリーナ紹介の後、3つグループに分かれてそれぞれの講座を楽しまれました。

葉山マリーナ講座

ヨット発祥の地・葉山マリーナの歴史をクイズ形式でレクチャー。
ユーミンが3回もコンサートを開催した場所でもあるとか。葉山までの女子切符の紹介や葉山マリーナの無料安全レクチャー券などいただきお得な情報満載

魚さばき方講座

スタンダードな3枚おろしを基本に講習。
釣った魚をどのようにして持ち帰ったら新鮮か、スーパーで買ってきた魚との違いなど、釣り師の目線でちょっとしたコツも教わった。

ダイビング講座

ダイビングの魅力やライセンス取得方法の他に、ヤマハの身近なホームマリーナ周辺にもカラフルな生き物達がいることを紹介。
女性向けのダイビング雑誌『La SCUBA』をおみやげに。

会員様のご感想

はじめての参加でしたが、思いきって参加して本当に良かったです。色々な方と知り合えました。

とても楽しいひとときでした。これからはSea-Style Gのイベントにも参加してみようかと思います。魚のさばき方が参考になりました。

ヨットにも乗っているし、船にも乗っていて船長歴20年。葉山マリーナの歴史や良いところを聞けて良かったです。

たくさんの人と交流できました。どの講座も楽しかったのですが、自分では魚をおろせなかったので、魚のさばき方講座がとても参考になりました。

ボート免許を2~3年前に取得してクルージングを楽しんでいます。アジのさばき方が参考になりました。これからみなさんと交流していきたいです。

シースタイルがどんどん進化していることに感心しています。3講座設けることにより時間を有意義に過ごせました。

今後魚釣りに挑戦したいと思っていたところ、魚のさばき方講座を開催することを知り、ミーティングに参加しました。とても参考になりました。これからシースタイルのイベントにも参加していきたいですね。

ミーティングの回を重ねるごとに内容がバージョンアップしていて、今回もより充実して過ごせました。魚のさばき方は、自分では知っているようで知らなかったことがたくさんありました。

こんなに多くの女性ボート乗りがいるのだと驚きました。今まで船を借りることがありましたが、女性のキャプテンには出会えませんでした。これからみなさんと仲良くやっていきたいです。

自己紹介ゲームなどで、情報交換ができて良かったです。ダイビングをしたことがなかったのですが、マリンダイビングの講座を聞いてやってみたいと思いました。挑戦してみます。

プログラムの内容が充実していて楽しかったです。主人と休みが違うので、基本は休日に私一人で子ども達を連れてボートをレンタルします。子連れで海に出るのは、周りから心配や反対される場合があるかもしれませんが、自分の気持ちが一番大切だと思います。お子さんが生まれて海を引退するなんてもったいないと思うからです。
Sea-Style Gで知り合った仲間達は子供達も受け入れてくれて一緒に海に出ています。私が知るかぎり子どもを連れて大好きな釣りに参加できるのはSea-Styleだけです。一緒にマリンライフ楽しみましょう。

残念ながら参加できなかった女性会員のみなさんも、次のイベントでお会いしましょう!

ページ
先頭へ