本文へ進みます

シースタイルG:YBMフィッシング大会2015レポート

2015年7月5日に横浜ベイサイドマリーナで開催された「YBMフィッシング大会2015」にシースタイルGチームとして参加しました。

「シースタイルG」YBMフィッシング大会2015 イベントレポート

2011年から活動を開始した「Sea-Style G」は、今年で4年目。
会員のみなさまと一緒にボーティングや釣りを楽しんでいただく女性限定のプログラムとしてさまざまなイベントを企画しています。
ボート免許は取得したけれど一人でボートをレンタルして海に出るのは不安がある、でも海での遊びも、釣りもたくさん体験してみたいという方にお薦めです。最近は海だけでなく陸の上、都内ホテルのレストランなどで集まって情報交換を楽しんで、海の仲間づくりにも役立っています。今回で5回目の開催となる「Sea-Style G」、旬の魚・シロキス釣りに挑戦しました。
横浜ベイサイドマリーナ主催の『YBMフィッシング大会2015~シロギス大会~』にSea-Style Gチームで参戦しました。

~水もしたたるいい女たち!!~ 女性チームでフィッシング大会に参戦


  • 最初の説明ではスタッフがキス釣りの方法や天候の
    ことまで丁寧に説明。安心して出港

  • 出港時、見て!この空。黒いですよ!!
    どうなることやら・・・。

朝、7時に横浜ベイサイドマリーナ(以下YBM)に集合したSea-Style Gのメンバー。
参加者の1人が「この雨でもやりますか?」と心配そうな表情を浮かべています。そうです、外の天気はざあざあ降りの雨。しかも天気予報は一日中雨模様。しかし、この日は風がなく、海は穏やかなのです。スタッフ一同『もちろん、やりますよ!! 海は凪いでいるので、大丈夫です』と、天気を心配されている参加者に説明し、こんな日でも釣果が期待できることを説明しました。


  • 釣りのポイントまでは、交代で操船。ドライバーの「さーや」と「はるみ」さん
    が隣でクルージングのアドバイスをしてくれる。釣りとクルージングの両方が楽
    しめる。

フィッシング大会のルールは朝7時30分にスタートフィッシングで、11時にはストップフィッシング。12時30分までにマリーナに戻り計測。釣り上げたシロギス4尾の全長で競います。

まずオリエンテーションで参加者を紹介。ちょっと経験者のAチームと、ほとんど初心者のBチームにチーム分け。 両チームともボートはYF-23で、ドライバーが同乗し、釣りのインストラクターが指導しながらのシロギス釣りです。船に乗り込む前にキス釣りの基本をインストラクターの「こぼ」ちゃんこと小堀さん(グローブライド(株))から教えてもらいました。

「初心者のBチームには胴突き仕掛け(ベイトタックル)を使ってもらい、投げないで下に落とすだけの釣りをやっていただきます。ちょっと経験者のAチームはキャスティングしながら釣るスピニングタックルを使ってもらいます。餌はアオイソメとジャリメです。針も2本針を用意していますので、最初は別々の餌で試してみるのもいいですね。おそらくそんなに差がないと思いますが、喰いつきのいい方でやってみてください。餌の長さによってはプルプルっときても先っちょだけ食べられていて、針のところまで喰いついていない場合があるので、魚の引きがグングングンと感じられてから上げると釣りやすいです。釣りながら分からないことがあったら、遠慮なくAチームは私に。Bチームは晴山由梨ちゃんに聞いてくださいね。」とこぼちゃん。

今回もSea-Style Gの参加メンバーをニックネームでレポートします。

【Aチーム YF-23(URESISU II)メンバー】
ドライバー「さーや」、釣りインストラクターの「こぼ」ちゃん、釣り大好き「恭子」さん、Sea-Style釣りイベントにたくさん参加の「しぶりん」、餌付けちょっと苦手な「みよ」さん
【Bチーム YF-23(URESISU III)メンバー】
ドライバー「はるみ」さん、アングラーズアイドルで今回インストラクターの「由梨」ちゃん、操船大好きな「かな」さん、まったく初心者の「あき」さん、少し釣り経験ある「みや」さん。Bチーム参加者の3名はママ友です

雨とスプレーで"ぐずぐず"でも笑顔の女子たち!?

7月5日(土)7時30分、YBMを2艇の、Sea-Style Gチームが出港しました。
空はどんよりというか、黒々と表現した方がいいでしょうか。雨やスプレーで、ほどよく濡れながらBチームが向かうのは中ノ瀬というポイント。インストラクターの由梨ちゃんが一生懸命、生き餌の付け方を指導しているのですが、全くの初心者のあきちゃんは、触るなんてとんでもございません。餌を見ることもできず。う??ん、これは困った。そこで由梨ちゃん、時間がもったいないと、「餌は私が付けるから釣る方を頑張って!!」と餌を付けては、ロッドを渡し、喰われちゃっても餌を付けてはロッドを渡しの繰り返し。
「ここは先週、実は下見してシュミレーションしていたポイントです。でも今日は底引き船もうろうろしているし、風も流れもあるので底取りができず、初心者には難しいですね」とドライバーのはるみさん。しばらくやっても釣果ゼロ。コシバというポイントに移動します。
Aチームはどこで戦っているのでしょう?携帯で場所を確認すると、福浦沖で釣れたという情報をゲット。しかしまたすぐに移動し、住友クレーンの防波堤裏へ行くと聞き、撮影艇はAチームのところへ向かいます。
走ること30分。Aチーム発見。携帯で釣果を聞くと「釣れてますよ」というので、スピードを落とし、曵き波をたてないように近づいてみました。なんとこぼれるような笑顔でしぶりんや恭子さんが釣り上げてるではありませんか。


  • シロギスの他にもイイダコも釣れた。生き餌に雨があたらないように船の上で、傘を広げている

船の上では笑い声。みよさんが意を決して生き餌を付けてます。「でも結構慣れましたけど」と言いながら慣れない手つきで。
一体この傘は何なんです?「生き餌に真水が入ると死んでしまうので、こうして傘かぶせて雨よけするんですよ」とインストラクターのコボちゃん。
また、「スピニングで探れる方は広範囲に投げて、探ってください。キスは基本かたまっていて同じラインにいます。誰かが釣れたら、釣れる舷側でやった方がいいです。船の下で釣れた場合は繰り返し、その場所で釣ってください。私の感覚だと大きな餌を付けたときには大きなキスが釣れると思います。ジャリメは細いのですが、アオイソメは太いのがあれば、太いのを付けた方がいいです。餌の長さはスピニングでやる場合はなるべく小さめに切った方がいいと思います。」とアドバイス。
釣り大好き恭子さん、潮の流れを読んでキャスティング。しぶりんはバウデッキでマイペース。みんなそれぞれのポジションを確保して、手を動かしているのですが、おしゃべりしたり、鼻歌を歌ったりしています。この雨をものともせず女子ってたくましいなと!と遊ぶことに集中するって素敵だな!と感心してしましました。


  • 両チームとも笑い声が絶えない船上。こんな天気でも面白いように釣れる!

コシバでしばらく釣っていたBチームはイトヒキハゼが続けてヒット。イントラ由梨ちゃん「イトヒキハゼが続けて釣れているので、少しポイントが浅いですね」と。それを受けてドライバーはるみさん東電エントツ前に移動。ここで腰を落ち着けることに。しばらくすると大きいキスが続けてヒット。次々にフックアップしています。このポイント正解でしたね。ストップフィッシング10分前で、Aチームもこのポイントに移動してきました。Aチームはここでも3尾ヒット。そしてあっと言う間にストップフィッシングの時間となりました。

さてフィッシング大会の成績はどうでしょうか?


  • AチームYF-23 Uresisu II
    フィッシング大会の成績は22艇中、12位!
    20匹以上釣ったが、ちょっと小さめ

  • BチームYF-23 Uresisu III
    フィッシング大会の成績は22艇中、9位!
    Aチームよりも数は少なかったが、大きいのが続けてヒットし9位に入賞

Aチーム YF-23(URESISU II):ちょっと経験者

ドライバーさーや
チームのムードメーカー。「大きなシロギス1尾でも多く釣れるポイントゲットします。まかせてください」
こぼちゃん
「今回はおもに波も穏やかで水深10メートル前後の住友沖で釣りました。サイズは小さめでしたが、型は良型のものばかりAチームは20尾釣れました。1果で2尾釣り上げることもあり、みなさんに楽しんでいただけました」
恭子さん
「ボート免許を取得したのが昨年です。すぐにSea-Styleの会員になり昨年の真鯛釣り大会に参加し、今回がGイベント2回目です。普段は乗り合い船に乗ることが多く、お休みの日は主人と釣り三昧です。今日は6尾釣りました。遊漁船とは違った充実感を味わえました」
みよさん
「天気以外は楽しめました。調子よくなってきたら、糸が絡んでしまったり、餌を付けるのがもう少しスムーズにできたら良かったかな。Sea-Style Gの魅力は、知らない人同士でも同じ趣味の人が集まるのですぐに仲良くなれるところですね。一人でボートレンタルするには勇気がいりますが、色々な趣向でイベントを開催してくれるので、魅力的です。今日のバーベキューなんて最高です」
しぶりん
シースタイルイベントの常連さんになってきました。「Sea-Style Gは気軽に参加でき楽しくって。朝一番に到着しましたが、ほんとにやるの!?っていう天気でしょ。さすがに心配しました。でも今日の釣果は満足です。結構釣れましたよ」

Bチーム:別名ママさんチーム YF-23 (URESISU III):ほとんど初心者

ドライバーはるみさん
「先週下見したポイントが全然釣れず苦戦していたので、今年は釣れていないポイントですが、昨年釣れていた東電エントツ前に移動しました。みんなと少しずれた場所でしたが、そこでアタリました。結果的に全員本命のシロギスが釣れて良かったです」
由梨さん
「今日は初心者チーム担当だったので、釣果よりも楽しんでいただけたらと思いました。いままでシロギス釣りを何回かやってきましたが、今まで見たこともない大きなシロギスが釣れたので、みなさんに喜んでいただき良かったです。餌付けもできない人にはやってあげちゃいましたが、そこで手間取るよりも釣った感覚を味わってもらいたかったので、テクニックどうこうよりも楽しむのが先です。そういう意味でよかったなと思います」
あきさん
「全くの初心者です。すごい楽しかったです。思ったよりも釣れました。小さな魚ばっかりですが。それでも釣れるって楽しいですね。船釣りは何しろ初めて。観光船は乗ったことがありましたが、このようなプレジャーボートに乗るのもはじめて。もちろん餌のアオイソメやジャリメを見るのもはじめて。ビックリしました。触るのはもちろん見るのもダメ。でも釣りの終わりのころは直視できるようになりました。今日はこれが進歩です」
みやさん
「息子と磯釣りはやったことがありますが、友達と船に乗っての釣りは初めてです。2匹釣ることができました。夢中でしたので、雨はそれほど気になりませんでした。実は最後まで釣れなくて焦っていました。途中で小さいのが1匹、最後に少し大きめが1匹釣れたので、待っている家族二人分が釣れて良かったです」
かなさん
「ボート免許を取得したのは昨年の1月でSea-Styleの会員になって1年半。レンタルしたのは2回ですが、その時も釣りをしました。昨年、YBMフィッシング大会に参加してすごく楽しかったので、ママ友に声をかけて3人で参加しました。子供は男子なので一緒の船には乗せてもらえないと思い置いてきました。笑
はじめてのキス釣り、2匹釣れて楽しかったです。操船もさせてもらい練習になりました」

笑顔!笑顔!のバーベキュー!!

ホタテに牡蠣やイカなどの海産物を東北(三陸)からお取り寄せ。
こんな豪華なバーベキューなかなかできないですよって、お誉めの言葉いただきました。

食べて!飲んで!おしゃべりが弾みます。次の海行きや、釣り情報の交換など、話は尽きません。名残惜しいのですが、あっと言う間に夕暮れになってしまいました。みなさん、また次回Sea-Style Gで会いましょう。

残念ながら参加できなかった女性会員のみなさんも、次のイベントでお会いしましょう!Sea-Styleイベント情報を見る

ページ
先頭へ