本文へ進みます

松島湾クルージングフェスタ@2015

2015年6月14日 宮城県の北浜マリンベースにて開催した「松島湾クルージングフェスタ」をレポートします。

松島湾クルージングフェスタ・イベントレポート

6月14日(日)宮城県の北浜マリンベースにて、第3回目となる松島湾クルージングフェスタを開催しました。
今回は地元・宮城県以外にも、関東エリアからの参加が半数以上を占め、9組16名の会員様とそのご家族・ご友人にお集まりいただきました。

松島湾は大小260余りの諸島からなり、その風光明媚な景色から日本三景の一つに数えられています。その松島湾をぐるっと一周クルージングをしながら観光できるのが、この松島湾フェスタの魅力であり、毎年好評をいただいている理由でもあります。

当日は、北浜マリンベース・シースタイル担当の山本さんの案内のもと、YF-24とYF-21の2艇に分かれクルージングの旅に出ました。
出港してまず見えてくるのが地蔵島、続いて仁王島、鐘島とマリーナのすぐ近くにも有名な島々が連なります。その先に船を進めると、五大堂に到着します。ここは陸での観光地としても非常に人気があり、また遊覧船も多く出ています。そんなスポットを海上からゆったりと眺めることができるのは、シースタイルの特権ではないでしょうか。
そこから更に進むと、寒風沢水道、鰐ヶ淵水道と島の間を通る穏やかな水道に入っていきます。このエリアは遊覧船も通らないそうで、その静けさは神秘的な雰囲気を醸し出していました。また松島湾内を出ると、日本三大渓の一つ、嵯峨渓を見ることができます。
こちらでは、優美な松島湾とはまた一味違った壮大なパノラマを目にして、皆さん驚かれた様子でした。

帰港してから撮影した集合写真では、皆さん良い笑顔を見せていただきました。2時間の松島クルージングに満足していただけたようです。
ここ北浜マリンベースはクルージング以外にも釣りを楽しめるそうで、参加者からはまた訪れたいとの声をいただきました。今年からはインストラクター同行のライトトローリング入門コース(オプションメニューです)も始まったそうです。
関東エリアからも意外とアクセスの良い北浜マリンベース、皆さんもぜひ観光がてらに訪れてみてはいかがですか?美しい島々と、気さくなスタッフがお待ちしています。

ページ
先頭へ